上級プログラム

Be a Global Pioneer!

未来を拓く能力と自信を身につけよう!

上級プログラムでは、全研究科・学院から多様なバックグランドを持つ博士(後期)課程の学生が集まり、I.各自の専門性を基軸にして、自らがリーダーとして、国内外の専門家を集め、チームを構築するプロジェクトを提案・企画します。さらに、II.自ら構築したチームにおいて、「3+1の力」を活用しながら、自らの研究に関するプロジェクトを”リーダー”として実行します。

これらの経験を通して、リーダーとしてプロジェクトを推進するための基礎的な”能力”を向上させるとともに、国際社会で活躍する《開拓者》(先見性を持ち、新たな領域を切り開く草分け的なリーダー)に求められる”行動力”及び”自信”を獲得することが目標です。

このように、所属研究科等における研究活動を発展させ、専門性を基軸にして、独自のプロジェクトを提案、企画、実施することで、「独創的、革新的なアイデアの創出能力」と「俯瞰的視座」を獲得し、専門分野における研究を飛躍的に向上させます。さらに、《開拓者》の役割を認識し、経験に裏付けられた自信を持ち、国際社会において自ら《開拓者》としてチームを動かすことができる卓越した人材を目指しましょう。

上級プログラムで育てる能力

プロジェクトのビジョンを明確に描く能力

  • 先見性/独創性:革新的アイデアを創出する
  • 俯瞰力:領域内での研究活動だけでは獲得できない領域横断的な視座

プロジェクトを大胆かつ確実に遂行する能力

  • 積極性:常に積極的に新たな領域を開拓し続ける
  • 実行力:未知なる取り組みにためらうことなく、計画を遂行する
  • 時間管理:計画した時間内にプロジェクトを推進する

多様性を持つチームをマネジメントする能力

  • 統率力:多様な価値観を持った人的資源を活用し、独創的なアイデアを統合・統率する
  • 逞しさ:逆境や困難に遭遇した時でもチームを活性化させることができる
  • 危機管理:常に”チーム”のリスクを意識し、活動に反映させる

奨学金

新渡戸スクールでは,上級プログラム受講生を対象に,学修意欲が高くプログラムの受講状況及びプロジェクト計画書の内容について、教務専門委員会委員と新渡戸スクール教員が評価を行い,選考に合格したものについて奨学金制度を用意しています。給付額は年間30万円,給付人数は25名程度を予定しています。また,特に優れたプログラムを提案した者については,研究費20万円を追加支給します (2-3件程度)。