• 校長挨拶

    総長挨拶 山口佳三

    北海道大学総長 新渡戸スクール校長 山口佳三

     新渡戸スクール開校にあたり、北海道大学総長として、また新渡戸スクール校長としてあいさつ申し上げます。

     北海道大学は2014年度、中長期にわたる計画として、創基150周年となる2026年に向けて、「北海道大学近未来戦略150」を策定しました。その中で、教育に関しては、「専門的知識に裏づけられた総合的判断力と高い識見、並びに異文化理解能力と国際的コミュニケーション能力を有し、国際社会の発展に寄与する指導的・中核的な人材を育成する」ことを掲げています。
     本学はこのミッションの実現に向けて、グローバル人材を育成するための特別教育システム「NITOBE 教育システム」(New Initiative in Teaching Opportunities for Best Education)を構築しました。本学の前身である札幌農学校の二期生であり、国際人として活躍した新渡戸稲造の名を冠した同システムの特徴は、 (1)グローバル人材に不可欠な高度の英語力と高いコンピテンシー(人間力、生きる力)の育成、(2)アクティブ・ラーニングを駆使した主体的に学ぶ力の確立、(3)修学ポートフォリオを活用した学びと指導の可視化と効率化、(4)同窓会ネットワークを活用した教育・キャリア支援にあります。このシステムを学士課程に適用した「新渡戸カレッジ」を2013年に開校しており、このたび、大学院生向けのプログラムとして、「大学院特別教育プログラム 新渡戸スクール」を開校いたします。

     近年、「グローバル化」という語によって象徴される社会の急激な変化に対応するため、個々の専門性を超えてチームで問題に立ち向かい、新たな社会的価値を生み出すことができる人材の必要性が高まっています。新渡戸スクールでは、こうした社会的要請に応えるべく、各所属大学院で修得する高度な専門性に加え、「専門性を生かす力」を修得させることで、社会の発展に寄与する人材を育成します。
     専門性を生かす力とは、自己の能力を把握し向上させる力、チームを組織し成果に結びつける力、社会に創造的価値をもたらす力、専門家として公平・公正に決断する専門職倫理です。新渡戸スクールでは、異なる国籍や言語、文化、多様な専門性を背景に持つ学生が集まる環境、いわば「国際社会の縮図」を教室内に創り出し、徹底したチーム学習を通じて、これらの力を養成します。
     また、すでに社会で活躍されている同窓生にメンターとして協力いただき、新渡戸スクール生の学修やキャリア設計を支援します。ともに学んだスクール生同士の人脈だけでなく、メンター、同窓生、教員も含めた多彩な人的ネットワークが、国際社会で指導的・中核的な人材として活躍する上で、強力な味方になります。

     「新渡戸スクール」から飛び立つ人材が、自らの専門性を最大限に生かし、国際社会の発展に貢献できるよう、スクールへのご理解とご支援をお願い申し上げます。


    TOP